敏感肌の方は、日焼け止め成分に肌が反応する事があります。下地を選ぶ際には日焼け止め成分に気を付けながら選びたいのですが、中には敏感肌の人でも気軽に使える日焼け止め配合の化粧下地があります。

このような下地なら日焼け止めも出来てしまうので、安心して毎日使い続けていけますね。

ここでは、便化肌の人専用の日焼け止め下地についてまとめています。

敏感肌の場合はどんな日焼け止め下地を選べば良い?

化粧下地だけでもヒリヒリとした刺激が肌に伝わるような敏感肌の方は、敏感肌専用の下地をチェックしてから購入したいですね。

また、日焼け止めが含まれていても、敏感肌の人専用に作られていれば安心です。

保湿成分配合の日焼け止め入り化粧下地

敏感肌のほとんどが、肌のバリア機能の低下により痒みや痛みとして現れます。肌のバリア機能はセラミドと呼ばれる成分が担っているのですが、こうしたセラミドなどの保湿成分をチェックしましょう。

敏感肌の人専用の日焼け止め下地の中に、保湿成分であるセラミド、コラーゲン、スクワランなどの成分が入っていれば尚、安心感を持って使い続けていけるのです。

日焼け止め成分は肌に優しい下地

日焼け止め成分が敏感肌の人の肌に刺激になると言いますが、日焼け止めをせずに日中の紫外線に当たることの方がもっとダメージが大きくなります。

UVカット機能がついている下地の中には、肌に優しいものがあります。

日常生活程度であれば、SPF10~20くらいの表示があれば十分なのでUVカットが出来るもので肌に優しい下地を選ぶ事も大切です。

無添加処方にこだわりたい!

紫外線吸収剤や、エタノール、合成界面活性剤、シリコン、パラベンなどの添加物は敏感肌を悪化させる事があります。

肌に低刺激な無添加処方の下地を選ぶと肌トラブルが起こりにくくなるので、こうした成分には要注意しましょう。

まとめ

敏感肌の方であっても、優しく低刺激、無添加処方の下地であればUVカット機能がついているものを選ぶ事がポイントです。

紫外線を肌に浴びないような工夫の下地を成分から選びましょう。