敏感肌の方は化粧下地を付ける場合には、正しい方法で使うようにしたいですね。下地の使い方が間違っている事で、肌荒れや肌トラブルの原因を招きます。

また、下地がうまくついていないとファンデーションがよれてしまい汚く見えることもあるので、下地の付け方をきちんと覚えてメイクをしましょう。

ここでは、敏感肌の人の下地の付け方のポイントをチェックします。

化粧下地のこんな使い方に要注意!

今までの使い方を振り返って、下地の使い方が間違っていたと感じた方はすぐに修正しましょう。

以下には化粧下地のNGな使い方を挙げています。

  • 使用量を守らずにたくさん塗る
  • 肌を摩擦するように強く塗りこむ
  • 塗り残しやムラをチェックしていない

このような塗り方では肌に刺激を与える事やうまく使えていない事で、下地の役割を果たさずに肌が紫外線などを浴びて敏感肌が悪化する事もあります。

敏感肌の人の正しい下地の使い方をチェック!

ここからは順を追って正しい下地の使い方をチェックしていきましょう。

自身の方法で間違いがあれば、今日から修正してきちんと下地が付けられるようにしたいですね。

  1. 下地の規定量と同じ量を手の平に取って体温で少し温める
  2. 指先で顔のポイントに点々と下地を置く
  3. 顔の中心から外側に向かって優しく力を入れずに伸ばす
  4. 目元や口元には薄く伸ばす
  5. 下地を塗り終えてからファンデーションを塗るまでに少し時間を置く

下地の役割には、ファンデーションが直接肌に浸透するのを防ぐ事も含まれます。敏感肌の方は特に肌に刺激を受けやすいですので、このような正しい順を追って下地を付けましょう。

力を入れずに優しく伸ばすこともポイントです。

正しい下地の使い方で敏感肌も快適に

正しい下地の使い方を知って、継続することで敏感肌の悩みが軽減する事もあります。

間違った方法では、肌が紫外線にさらされたり、ファンデーションの負担が肌に伝わるのです。

まとめ

敏感肌の方は、このように特に下地の塗り方のポイントを覚えて丁寧に使っていきたいですね。

丁寧な下地で見た目もキレイになり、以前とは違った肌に変わります。